メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東京オリンピックできないと思わないで」体操・内村航平が開催協力呼びかけ

「友情と絆の大会」の閉会式であいさつをする内村航平=東京・代々木第1体育館で2020年11月8日(代表撮影)

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが延期されて以降、五輪競技で初めて海外選手を招いた体操の国際大会が8日、東京・国立代々木競技場で行われた。男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)は閉会式で、「(オリンピックが)どうやったらできるのか皆さんと考え、どうにかできる方向に変えてほしい」と来夏の五輪開催へ理解と協力を呼びかけた。

鉄棒の演技でブレトシュナイダーを決める内村航平=東京・代々木第1体育館で2020年11月8日午後2時11分(代表撮影)

 「どうか、できないというふうに思わないでほしい」。ロシア、中国、米国の選手とともに競技を終えた内村は、スポットライトの下で会場の約2000人の観客や大会関係者を前に、切実な思いを訴えた。

 新型コロナウイルスの感染が収束せず、国内でも東京五輪開催の機運は盛り上がっていない。さまざまな世論調査でも、開催は難しいと考える国民が多いことを示すデータが出ている。内村はニュースなどで現状を知り、「これじゃいかん」と思ったという。

 日本国内では大会開催の可否について強く声を上げるアスリートは少ない。内村は3度の五輪を経験し、東京五輪に懸ける思いも強い。今大会前には新型コロナウイルスのPCR検査で感染していないのに陽性反応が出る「偽陽性」と判定され、自身もほんろうされたが、「東京五輪に向けて、いい経験ができた」と前向きに捉えた。

 「これは非常に大変なことだと承知の上だが、国民の皆さんとアスリートが同じ気持ちでなければ大会はできない。やり方は必ずある」。胸に抱えてきた思いを率直に、真摯(しんし)に口にした。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです