メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スポーツを読む

全員「欧州組」の衝撃 日本サッカーの現在地

 深夜の日本列島各地からサッカーファンの歓声が聞こえてくるような、待望の日本代表の今年初ゴールだった。

 10月13日、オランダで行われた親善試合のコートジボワール戦。0-0のまま迎えた後半アディショナルタイムに、交代出場したばかりのDF植田直通がМF柴崎岳のFKを頭で合わせて決勝点を挙げた。

 世界を襲うコロナ禍で日本代表の試合予定が次々とキャンセルとなり、今回のオランダ遠征2連戦は、10カ月ぶりの国際Aマッチ。初戦のカメルーン戦は0-0で引き分けており、植田の代表初ゴールは森保ジャパンの今年初得点でもあった。

 試合の勝ち負け以前に、欧州でのコロナ感染が再び猛威を振るおうとしている中、試合会場を提供してくれたオランダに感謝しなくてはなるまい。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. コロナ病床増へ勧告 拒否なら院名公表 感染症法改正案

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです