メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇機関説ならぬ「首相機関説」の正体は?

 「令和おじさんはパンケーキが大好き!」とか「雪国育ちのたたき上げ」とか「苦労人にして剛腕」とか……。ともかく“褒め言葉”が並ぶ菅義偉首相。内閣が誕生してから約2カ月たっても支持率は合格点だが、今、永田町や霞が関辺りでは意外にも「古びた天皇機関説」がキーワードになっている。

 「天皇機関説」とは? 戦前・戦中の話である。大日本帝国憲法の下で、多くの憲法学者が「天皇は法人としての国家の最高機関であって、主権者ではない」と考えていた。東京帝国大学名誉教授で貴族院議員だった憲法学者、美濃部達吉氏がこの学説を唱え、当時は学問的通説だった。

この記事は有料記事です。

残り2287文字(全文2574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです