メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

経済産業省商務・サービス審議官 畠山陽二郎(51)

畠山陽二郎氏

調整・交渉の基本を身に付ける

 1999年5月、2年間の米国留学から帰国し、通商政策局通商政策企画室の課長補佐に着任したのが、その後10年間にわたる課長補佐時代の始まりでした。当時の日本の通商政策は、メンバー国間で関税率などの適用に差を設けないWTO(世界貿易機関)が主役でした。ところが、先進国と途上国の対立からWTOにおける貿易交渉は思うように進まず苦しんでいる時期でもあり、世界ではNAFTA(北米自由貿易協定)など、特定の国との間で関税率などを例外的に低くするFTA(自由貿易協定)が活発になっていました。

 課長補佐としての私の最初の仕事は、このFTAを日本の通商戦略の選択肢に加えることでした。まず相手国として選ばれたのがシンガポールでした。99年12月、小渕恵三首相とゴー・チョクトン首相の合意を経て、FTA締結を目指した産学官共同検討会合が発足し、シンガポールとの対話・調整が開始されました。初めての形式だったこともあり、課長補佐の立場でテーマ別の分科会の議長を務めたり、本会議で日本を代表して発言し…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです