メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

宮元陸・石川県加賀市長

宮元陸氏

スマートシティによるポストコロナ社会の地方創生

 新型コロナウイルス感染症の拡大は、加賀市においても、主要産業である観光客の激減など、多大な影響を受けており、影響が長期化しています。このような状況の中、市民の生命・健康を守ることを最優先にしながらも、生活・経済を守るフェーズへ移行が必要です。今後のウイルスとの共存を前提とした政策、いわゆる「ポストコロナ」を見据えた政策が求められています。

 ポストコロナ社会に求められるものとしては、「3密」や接触機会の回避が挙げられます。当市では、この課題に対し、「スマートシティの実現」で解決を目指しています。 スマートシティでは、スマートフォンから行政手続きができたり、ドローンが荷物を運んだり、財布を持たず買い物を可能にするなど、AIやIoT、ロボットなどの先端技術を社会実装することで、地域課題を解決するとともに、新規事業の創出などを行うことで、…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです