メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将来の高速道路のシステムをどうするのか。外出や移動の自粛要請を受け渋滞もなく車がスムーズに流れる東名高速道路・横浜青葉IC付近=横浜市青葉区で4月25日

新常態、災害対応へ在り方検討

国交省審議会・国土幹線道路部会が中間とりまとめ

 コロナ禍で変化した生活様式や、頻発する災害に備えるなど高速道路の在り方について国土交通省の審議会が取りまとめを行った。併せて料金制度の在り方の見直しや、持続可能な高速道路システムについて、今後速やかに検討するよう提起した。道路公団の民営化後、曲折を経てきた高速道路政策は、距離別の料金制度への移行や、老朽化対策の推進と財源確保などの制度整備を進めてきた。さらにコロナ禍後への対処、そして、長期的な視点から将来のシステムについて検討を始める段階になっている。

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. コロナ病床増へ勧告 拒否なら院名公表 感染症法改正案

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです