メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

冷戦時代に建設の独テーゲル空港が閉鎖、人々が最終便見送り

 ドイツの首都ベルリンのテーゲル空港から8日、閉鎖前最後の便となるパリ行きのエールフランス機が、消防車の放水と歓声を上げる人々に見送られて飛び立った。8日ベルリンで撮影(2020年 ロイター/Annegret Hilse)

[PR]

 [ベルリン 8日 ロイター] - ドイツの首都ベルリンのテーゲル空港から8日、閉鎖前最後の便となるパリ行きのエールフランス機が、消防車の放水と歓声を上げる人々に見送られて飛び立った。

 同空港は冷戦下の1948年、旧ソ連に封鎖された西ベルリンに物資を供給するため、フランス占領軍が数週間の突貫工事で建設。西ドイツの飛び地だった西ベルリンと世界を結ぶ玄関口の役割を果たし、1960年に初めて商用機の乗り入れが開始された。

 こうした歴史から、ベルリン市民は同空港に特別な思い入れがあり、ソーシャルメディアには航空券に記載されていた同空港の略称を入れた「ありがとうTXL」の投稿が相次いだ。

 同空港は、ベルリンの新国際空港が計画から9年遅れで先月末に開港したのに伴い、閉鎖された。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです