メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

壮一帆 自分探しを手助け ミュージカルで博物館の「精霊」役

壮一帆さん=北山夏帆撮影

 人生に迷いや悩みを抱える男女4人組が、自然史博物館の鑑賞ツアーを通して答えを見つけていく米国発のユニークなミュージカル「Now. Here. This.」が28日から東京・銀座の博品館劇場で上演される。宝塚歌劇元雪組トップスターで俳優の壮一帆(そうかずほ)は、4人に思想的なヒントを与える指南役を務める。「生きることのすばらしさや尊さといった人間賛歌がテーマ。コロナ禍で気持ちが不安定な今にぴったりの作品なので、全身で受け止めてもらいたい」と語る。

 博物館の精霊のような抽象的な役どころで、4人が過去を振り返り、自らの内面を見つめる手助けをする。例えば海洋生物の展示室では、さまざまな生き物に擬態するタコを見学しながら、世間に順応するために本当の自分を隠して生きてきたことを顧みる。「博物館ツアーが自分探しの旅になっていく。お客さんも客観的に見ていたつもりが、いつしか4人の誰かに自分を重ねて見てもらえると思う」。ポップスやロックなど、ジャンルの異…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです