メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学+技術+ものづくり+芸術+数学=STEAM教育 中高生がワークショップ 参加者募集 /群馬

高崎のワークショップに参加する宮川彬良さん=東京都世田谷区で2018年6月1日、手塚耕一郎撮影

前橋で11月29日と12月13日、データサイエンス 高崎で12月26日と1月24日、音楽の価値の創造

 科学技術や芸術などを融合した教科横断的な教育手法「STEAM(スティーム)教育」を中高生に体験してもらおうと、県教育委員会は11月~来年1月、前橋、高崎の両市でワークショップを開催する。参加無料。

 STEAMとは、「Science」(科学)▽「Technology」(技術)▽「Engineering」(ものづくり)▽「Art」(芸術)▽「Mathematics」(数学)――の頭文字を組み合わせた造語。

 ワークショップは2種類あり、一つは「データサイエンス」をテーマに11月29日と12月13日に前橋市の「国立赤城青少年交流の家」で開催。統計やAI(人工知能)の専門家である群馬大の研究者らの講義を受け、ICT機器を活用したデータ分析や社会課題の解決などを提案する。定員は県内の中高生計30人程度。申し込みはQRコード(1)から。締め切りは11月11日。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです