メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
ぐるっと東日本・食べる・つながる

静岡 駿河シャモ 絶妙な歯ごたえとうまみ 黒い羽の最高級地鶏 /東京

鶏舎で駿河シャモを持つ青木養鶏場の青木広明専務=静岡県富士宮市で

 全国でも珍しい黒い羽を持つ地鶏が、静岡県で生産されている。旧県中小家畜試験場が約30年前に開発し、「駿河シャモ」と名付けられた静岡生まれの最高級地鶏だ。県内のホテルやレストランなどで提供され、観光客にも親しまれている。その人気の秘密を探ろうと、11月上旬に富士宮市の青木養鶏場を訪ねた。【古川幸奈】

 農場は富士山のふもとの高原地帯に5カ所あり、標高500~600メートルの森の中に点在する。そのうちの一つ、上井出特殊農場に入ると、富士山をバックに高床式の鶏舎2棟が並んでいた。広いスペースに放し飼いにされたシャモが真っ黒な羽をバタバタと羽ばたかせながら、活発に動き回る。「この運動量がシコシコとした絶妙な歯ごたえの肉質につながる。鍋に入れると、強いうまみを感じられますよ」。養鶏場の青木広明専務(42)がほほ笑んだ。

 駿河シャモは1990年、旧県中小家畜試験場が「黒笹(くろざさ)」と呼ばれる黒い羽のシャモをベースに、比内鶏や名古屋種、土佐九斤などの全国的に評価の高い鶏7種類を掛け合わせて開発した。1平方メートル当たり10羽以下で飼育▽ふ化日から80日以上かけて飼育▽餌に県特産の緑茶を与える――などと飼育の方法が厳しくマニュアルで定められ、「県駿河シャモ振興会」の会員しか生産できない。養鶏場は現在、富士宮市のほ…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです