メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子、四日市工が連覇 女子、津商2年ぶりV 監督の話 /三重

[PR]

結果納得してない 四日市工・松尾政臣監督(男子1位)

 1区のエース・佐藤選手から流れができてよかったが、心のどこかで安心してしまってもう一歩攻めきれないところがあったので、結果には納得していない。全国大会まで約1カ月半の間にもっと成長したい。

ミスなくつなげた 津商・前田健監督(女子1位)

 大きなミスなく1区から5区までつなぐことができた。1区で山崎選手が貯金をつくり、5区の西口選手が前回大会の悔しさをバネに3年生として役割を果たしてくれた。全国でもチームワークの良さを生かしたい。

〔三重版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです