メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子、四日市工が連覇 女子、津商2年ぶりV /三重

両手を挙げてフィニッシュする四日市工の竹野連選手=三重県松阪市久保町で2020年11月8日午後1時39分、朝比奈由佳撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走県予選会(県高体連・三重陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)が8日、松阪市久保町の三重高校を発着点に行われた。男子は32校が7区間42.195キロで争い、四日市工が2時間7分42秒で2年連続18回目の優勝を果たした。女子は21校が5区間21.0975キロで競い、津商が1時間15分49秒で2年ぶり11回目の優勝を決めた。

 両校は12月20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着で行われる全国大会に出場する。【朝比奈由佳】

 ◆男子

一度も首位渡さず

 四日市工は、前回大会では敗れたものの、これまで15連覇の記録を持つ強豪の伊賀白鳳に一度も首位を渡さず、トップを独走。2年連続の都大路出場を決めた。

 1区を任されたエースの佐藤榛紀選手(3年)は2キロ過ぎから単独トップに立った。「個人の目標は達成できなかったが、チームのための走りはできた」。区間賞の走りとなる30分49秒でスタートダッシュを図った。

 2区の金尾凌太選手(2年)は「序盤でどれだけ貯金が作れるかが鍵」と最初からペースを速め、首位をキープした。3区の小林丈留主将(3年)は「5キロ手前の中間点を過ぎたあたりがきつかったが、その後の長い下り坂で足を休ませることができた」と話し、2位の伊賀白鳳に2分47秒差をつけた。

 4区の山口史朗選手(3年)は「5キロ過ぎから余裕がなくなったが、後ろは振り向かず、終始自分との闘いだった」と話したものの、区間賞の走りで5区の加藤祐介選手(3年)につないだ。加藤選手は「中継地点の約1キロ手前で足が止まってしまう場面があった」と振り返った。厳しい走りになったが、目標の8分5秒に迫る8分6秒で首位を守った。

 6区の坂本翔伍選手(3年)は3キロから4キロ間で、向かい風の影響から一時ペースを落としたが、「自分の仕事は果たせた」と2位の伊賀白鳳との差を広げた。

 アンカーの竹野連選手(2年)は、6区から伊賀白鳳が追い上げてきているのを感じていたという。それでも「相手を意識しすぎないように、自分の走りをすることを心がけた」。最後は両手でガッツポーズしてフィニッシュテープを切った。

人さし指を掲げてフィニッシュテープを切る津商の西口陽菜選手=三重県松阪市久保町で2020年11月8日午前10時47分、朝比奈由佳撮影

 ◆女子

5区で逆転5秒差

 混戦となったレースを制したのは、前回大会で5連覇を逃した津商だった。最終走者である5区で逆転し、2位の宇治山田商に5秒差をつけてフィニッシュ。2年ぶりに王座奪還を果たした。

 1区は山崎そよか選手(3年)。3キロ手前で先頭争いをしていた桑名と四日市商に引き離されたが、中継地点の約200メートル手前で四日市商を追い抜いた。中距離が専門で「6キロを走れるか心配だったけれど、いい位置でつなぐことができた」と2位でたすきをつないだ。

 しかし2区で再び四日市商に追い抜かれる。2区の豊田結衣選手(2年)は「ここで差を広げたくない」と懸命の走りをしたが、トップの四日市商と1分6秒差がついた。「みんなに申し訳ない。もう少しレベルアップしたい」と唇をかんだ。

 3区の丹戸瑠梨選手(2年)は1月に入部したばかり。陸上経験は浅いが「負けず嫌いな性格。粘り強く走ることができた」と10分9秒で自己ベストを更新。「4区の先輩に1秒でも早くたすきをつなぎたかった」と2位をキープしてリレーした。

 4区の畑遥伽主将(3年)は、初めて県予選のメンバーに選ばれた。スタートから約400メートルで、後続の宇治山田商に追い抜かれたが、「ここで失敗はできない」と終盤でペースを上げた。トップの宇治山田と14秒差、2位四日市商とは12秒差でたすきをつないだ。

 5区を任されたのは西口陽菜選手(3年)。3位でたすきを受け取ったが、「1年生の時から走り慣れているコース。ラスト1キロの上り坂でトップに立とう」と決めていた。1キロ地点で四日市商、さらにゴール前ラスト1キロの折り返し地点で宇治山田商を追い抜いた。「前回、連覇できなかった悔しさがあったので、今大会は絶対に1位を取るという強い気持ちで臨んだ。チームのみんなが自信をくれた」と笑顔でフィニッシュした。

三重高校正門前でスタート前に演奏する同校吹奏楽部=三重県松阪市久保町の同校で2020年11月8日午前11時30分、朝比奈由佳撮影

久々の演奏 心込め

 ○…発着点の三重高校正門前では同校吹奏楽部がスタートとフィニッシュ時に演奏するのが毎年恒例となっている。しかし新型コロナウイルスの影響で大会直前まで演奏できるか分からなかった。感染対策をすることで演奏にこぎ着けた。選手に親しみを持ってもらえるようにJ-POPの曲を入れるなど、新たな選曲にも挑んだ。湯野綾音部長(2年)は「4月以降は野球応援もコンクールもなく、一度も演奏する機会がなかったので、久しぶりの演奏。いつもの倍以上気持ちを音に込めた」と笑顔で話した。


第71回県高校男子駅伝競走大会の成績 上段は通過順位と通過タイム。下段は個人順位とタイム。

順位 学校名  1区(10キロ)     2区(3キロ)      3区(8.098キロ)     4区(8.097キロ)    5区(3キロ)        6区(5キロ)               7区(5キロ)

        選手 順位 時間    選手 順位 時間    選手  順位 時間      選手 順位 時間      選手 順位 時間      選手 順位 時間      選手 順位 時間

<1>  四日市工 佐藤 (1)  30:49 金尾 (1)  40:29 小林  (1)  1:04:43 山口 (1)  1:30:05 加藤 (1)  1:38:11 坂本 (1)  1:52:37 竹野 (1)  2:07:42

                       (2)   9:40     (1)    24:14    (1)    25:22    (2)     8:06    (1)    14:26    (2)    15:05

<2>  伊賀白鳳 倉本 (3)  32:43 中川 (2)  42:06 松本  (2)  1:07:30 水谷 (2)  1:33:13 小原 (2)  1:41:16 鈴木 (2)  1:56:09 古橋 (2)  2:10:53

                       (1)   9:23     (3)    25:24    (2)    25:43    (1)     8:03    (2)    14:53    (1)    14:44

<3>  高田   吉田 (6)  33:11 田中 (3)  43:14 島田  (3)  1:08:26 林  (3)  1:36:11 浅野 (3)  1:44:32 槇元 (3)  2:00:26 鍋島 (3)  2:17:49

                       (3)  10:03     (2)    25:12    (5)    27:45    (3)     8:21    (3)    15:54    (17)    17:23

<4>  四日市  辻本 (4)  32:51 勝井 (4)  43:31 長浜  (4)  1:11:35 雨沢 (4)  1:39:13 中村 (4)  1:48:08 瀬古 (4)  2:04:49 神田 (4)  2:22:17

                       (4)  10:40     (9)    28:04    (4)    27:38    (5)     8:55    (9)    16:41    (18)    17:28

<5>  皇学館  松山 (10)  34:27 橋爪 (8)  45:10 橋本  (6)  1:12:13 山下 (7)  1:40:46 梅森 (6)  1:49:53 前田 (5)  2:06:29 小林 (5)  2:22:36

                       (5)  10:43     (4)    27:03    (10)    28:33    (8)     9:07    (8)    16:36    (3)    16:07

<6> 伊勢学園 見置蓮 (5)  33:04 亀川 (6)  44:11 見置空 (5)  1:12:02 鈴木 (6)  1:40:39 竹谷 (7)  1:49:55 野呂 (7)  2:06:58 浜口 (6)  2:23:25

                       (13)  11:07     (8)    27:51    (12)    28:37    (10)     9:16    (13)    17:03    (5)    16:27

<7>四日市中央工 2:24:27

<8>海星     2:25:02

<9>稲生     2:25:17

<10>いなべ総合  2:26:07

<11>宇治山田商  2:26:13

<12>津      2:26:19

<13>津西     2:26:27

<14>上野     2:27:20

<15>四日市南   2:27:51

<16>鈴鹿高専   2:28:45

<17>暁      2:31:13

<18>三重     2:31:40

<19>四日市西   2:32:25

<20>亀山     2:33:14

<21>津田学園   2:33:32

<22>鈴鹿     2:35:17

<23>桑名西    2:35:20

<24>桑名     2:35:21

<25>名張青峰   2:35:38

<26>津東     2:36:10

<27>松阪     2:36:17

<28>伊勢工    2:40:12

<29>伊勢     2:46:04

<30>桑名工    2:46:59

<31>尾鷲     2:47:56

<32>相可     2:48:58

 ◆男子区間賞

1区(10.0キロ)  佐藤榛紀(四日市工) 30分49秒

2区(3.0キロ)   中川雄斗(伊賀白鳳)  9分23秒

3区(8.098キロ) 小林丈留(四日市工) 24分14秒

4区(8.097キロ) 山口史朗(四日市工) 25分22秒

5区(3.0キロ)   小原政孝(伊賀白鳳)  8分03秒

6区(5.0キロ)   坂本翔伍(四日市工) 14分26秒

7区(5.0キロ)   古橋希翁(伊賀白鳳) 14分44秒


第32回県高校女子駅伝競走大会の成績 上段は通過順位と通過タイム。 下段は個人順位とタイム。

順位 学校名  1区(6キロ)        2区(4.0975キロ)  3区(3キロ)       4区(3キロ)        5区(5キロ)

        選手  順位 時間     選手  順位 時間    選手  順位 時間    選手 順位 時間      選手  順位 時間

<1>  津商   山崎  (2)  21:45  豊田  (2)  37:32 丹戸  (2)  47:41 畑  (3)    58:12 西口  (1)  1:15:49

                          (3)  15:47     (2)  10:09    (3)    10:31     (1)    17:37

<2>  宇治山田 商畑  (5)  22:42  沢井  (4)  37:53 倉野  (3)  47:48 井山 (1)    57:58 西井  (2)  1:15:54

                          (2)  15:11     (1)   9:55    (1)    10:10     (2)    17:56

<3>  伊賀白鳳 松谷由 (4)  22:16  松谷未 (5)  38:15 日下部 (5)  49:06 渡辺 (4)    59:19 北永  (3)  1:17:58

                          (4)  15:59     (4)  10:51    (2)    10:13     (4)    18:39

<4>  四日市商 丹羽  (3)  21:50  近藤  (1)  36:26 倉本  (1)  46:51 長島 (2)    58:00 岡野  (4)  1:18:22

                          (1)  14:36     (3)  10:25    (6)    11:09     (10)    20:22

<5>  桑名   森田  (1)  21:36  山元  (3)  37:46 山内  (4)  48:54 野口 (5)  1:00:57 前田  (5)  1:19:18

                          (5)  16:10     (7)  11:08    (11)    12:03     (3)    18:21

<6>  上野   増地  (8)  23:30  稲岡瑞 (6)  40:11 花井  (7)  51:56 岸  (10)  1:03:43 稲岡柚 (6)  1:22:26

                          (7)  16:41     (10)  11:45    (9)    11:47     (5)    18:43

<7>四日市   1:22:39

<8>高田    1:22:40

<9>いなべ総合 1:23:26

<10>伊勢    1:24:06

<11>神戸    1:26:48

<12>四日市農芸 1:28:21

<13>松阪    1:28:38

<14>川越    1:29:12

<15>津田学園  1:29:59

<16>稲生    1:31:05

<17>鈴鹿    1:32:34

<18>四日市南  1:33:19

<19>桑名西   1:33:19

<20>伊勢学園  1:36:22

<21>相可    1:43:02

 ◆女子区間賞

1区(6.0キロ)    森田日世莉 (桑名)    21分36秒

2区(4.0975キロ) 近藤萌子  (四日市商)  14分36秒

3区(3.0キロ)    倉野加奈  (宇治山田商)  9分55秒

4区(3.0キロ)    井山一佳  (宇治山田商) 10分10秒

5区(5.0キロ)    西口陽菜  (津商)    17分37秒

〔三重版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです