メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ博

こだわり展示の裏話/71 リニューアル後、展示・説明増やす=琵琶湖博物館 中井克樹・専門学芸員 /滋賀

減少が心配なイシガメ

 ニホンイシガメ(イシガメ)は、現在、開催中の企画展示「守りたい!少なくなった生きものたち」のなかで、野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の対象であることが紹介されています。私の兼務先の県庁部局にも、採集禁止ではないことを確かめる電話があるなど、穏やかでよくなつくこのカメの採集を企てる人たちは少なくないようです。

 このように減少が心配されるイシガメは、琵琶湖博物館の一連のリニューアルを経て、展示のなかでは数を増やしました。第1期リニューアル以前には、C展示室の「生き物コレクション」のカメ類は解説パネルだけでしたが、リニューアル後にはイシガメは、クサガメ、ニホンスッポンとともに実物がお目見えしました。また、新たに登場した「田んぼと他の環境を行き来する動物」のコーナーでは、ミナミイシガメを加えた4種のカメたち…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです