メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 世羅、男女ともV /広島

男子第71回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、フィニッシュする世羅の吉本真啓選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、池田一生撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選(県高校体育連盟、広島陸上競技協会など主催、毎日新聞広島支局など後援)が8日、三次市のみよし運動公園陸上競技場であった。世羅がアベック優勝し、男子は17年連続50回目、女子は15年連続15回目の全国大会出場を決めた。

 新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、トラックレースで合計タイムを競った。世羅は男子が7区(42.195キロ)を2時間4分55秒、女子が5区(21.0975キロ)を1時間9分27秒で駆け抜けた。男女とも2位を大きく離しての優勝で、全員が区間賞に輝いた。

 世羅は、12月20日にたけびしスタジアム京都(京都市右京区)を発着点とする全国大会に出場。2015年以来の男女同時優勝に挑む。【中島昭浩、池田一生】

 ◆男子

経験者軸に他校圧倒

 2019年全国大会の経験者4人を軸とした世羅が、他校を圧倒した。1区(10キロ)を30分26秒で走った新谷紘ノ介主将(3年)は「通常と異なるトラックレースでも優勝できて良かった」とほっとした表情を浮かべた。

 2区(3キロ)の松田陽太選手(3年)は、ラストスパートでトップを死守。「走りながら勢いに乗れた」と話した3区(8・1075キロ)の塩出翔太選手(2年)と4区(8・0875キロ)の森下翔太選手(2年)は、いずれも2位に大きな差をつけた。

 初めての県予選で5区(3キロ)を任された石堂壮真選手(1年)は、2位集団を引き離す独走。6区(5キロ)の吉川響選手(2年)は「トラックでも違和感なく走れた」と、唯一の14分台をマークした快走を振り返った。

 7区(5キロ)の吉本真啓選手(3年)は、両手を広げてフィニッシュ。新宅昭二監督は「日本一を目指し、残りの期間でさらに鍛えたい」と5年ぶりの全国制覇を見据えた。

女子第32回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、2位に大差をつけてフィニッシュする世羅のテレシア・ムッソーニ選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、中島昭浩撮影

 ◆女子

全区間リード許さず

 全区間で一度もリードを許さず、世羅が貫禄を見せつけた。トラックレースとなったため単純に比較できないが、過去10年で最速だった2018年を2秒上回る1時間9分27秒でフィニッシュした。

 1区(6キロ)の山際夏芽主将(3年)は、2位に31秒の差を付ける19分37秒で駆け抜けた。コロナ禍で3~5月に寮が閉鎖され、自主練習を重ねた。「全国大会をイメージして自分を追い込み、タイムが伸びた」と言う。

 続く2区(4・0975キロ)は加藤小雪選手(3年)が圧巻の走りを見せ、ともに3キロの3、4区は、細迫由野選手と大森美翔選手の2年生コンビがライバルに影を踏ませない快走で後に続いた。

 5区(5キロ)のテレシア・ムッソーニ選手(3年)は2位を1分以上離し、16分24秒でフィニッシュ。「100%ではないが、調子は上向き」と話し、全国大会での区間新を目標に掲げた。中川久枝監督は「状態をさらに上げ、全国大会で優勝したい」と話した。

トラックにも「違和感なし」コロナ禍の予選

 ○…新型コロナウイルスの感染防止策で県予選はトラックレースに変更され、選手たちは区間ごとにそろってスタートした。起伏に富んだロードコースとは勝手の違う競走となったが、男子6区(5キロ)を走った世羅の吉川響選手(2年)は「違和感はなかった」とも。時にドラマが起きるたすきの受け渡しもなく、優勝タイムは男女とも2019年の県予選を上回った。


高校駅伝県予選・男子成績(○は区間賞)

                 1区       2区          3区          4区         5区        6区      7区

                 (10キロ)    (3キロ)        (8.1075キロ)   (8.0875キロ)  (3キロ)     (5キロ)     (5キロ)

(1)世羅     2.04.55 ○新谷      ○松田         ○塩出         ○森下        ○石堂       ○吉川     ○吉本

                 (30.26)   (8.41)     (24.00)     (23.50)     (8.36)   (14.52)  (14.33)

(2)広島国際学院 2.08.51  笹木       吉田直         岩田          吉田周        端本        熊谷       濱本

                 (30.31)   (8.42)     (25.26)    (24.53)      (8.59)   (15.13)  (15.09)

(3)西条農    2.12.07  上奥       見川          平延          三淵         野村        中西       堤

                 (32.09)   (8.51)     (25.31)    (26.03)      (9.06)   (15.09)  (15.21)

(4)広島皆実   2.12.16  増田       黒原          倉本          三藤          立畠       桑野       竹下

                 (31.17)   (8.59)     (26.05)    (24.39)      (9.10)   (16.04)  (16.04)

(5)神辺旭    2.17.39  桒田       広江          山田          本田          池田       谷田       藤原

                 (32.16)   (9.21)     (26.51)    (26.25)      (9.46)   (16.34)  (16.29)

(6)広島工大高  2.18.08  杉尾       光井          枝松          大室          吉本       池田       岸本

                 (32.13)   (9.24)     (26.41)    (27.23)      (9.32)   (16.20)  (16.37)

(7)県立広島   2.22.05  森        裏崎          山田          吉村          中山       木原       中村

                 (32.48)   (9.38)     (27.37)    (27.29)      (9.57)   (17.25)  (17.15)

(8)呉      2.22.31  土田       鳥越          増田          岡本          池田       森桶       白須

                 (34.11)   (9.37)      (28.25)    (27.41)    (10.05)   (16.17)  (16.18)

(9)沼田     2.25.28  児玉       上村          岡田          中植          尾上       原        佐々木

                 (32.39)  (11.01)      (27.50)    (28.09)    (10.20)  (17.40)   (17.53)

(10)舟入     2.25.34  仁井谷      紀平          本祥          藤井          渡辺       古本       秋島

                 (34.18)   (9.30)      (28.37)    (28.31)    (10.15)  (17.14)   (17.11)

高校駅伝県予選・女子成績(○は区間賞)

                1区      2区        3区         4区        5区

                (6キロ)    (4.0975キロ) (3キロ)       (3キロ)      (5キロ)

(1)世羅    1.09.27 ○山際      ○加藤○       細迫       ○大森       ○ムッソーニ

                (19.37)  (13.30)    (9.59)   (9.59)    (16.24)

(2)舟入    1.13.31  谷本       藤田        品川        木村        岩本

                (20.08)  (14.28)   (10.28)   (10.49)   (17.39)

(3)比治山女子 1.16.56  加藤       小田原       前迫        藤本        小田

                (21.03)  (15.19)   (11.01)    (10.53)  (18.41)

(4)沼田    1.17.24  西園       梅田        西田        進藤        嘉屋

                (21.10)  (14.40)   (11.14)   (11.07)   (19.14)

(5)呉     1.17.53  戸倉       梶岡        小倉        上原        池田

                (21.13)  (15.33)   (10.52)   (11.31)   (18.45)

(6)西条農   1.18.24  前迫       荒木        空         松本        桜本

                (21.29)  (14.39)   (10.53)   (12.59)   (18.25)

(7)広島皆実  1.21.26  河内       有光        浅木        河村        植松

                (21.26)  (15.57)   (12.27)   (12.29)   (19.09)

(8)安田女子  1.22.31  福永       伊藤        山木        相川        隅田

                (21.51)  (17.13)   (13.20)   (12.10)   (17.59)

(9)神辺旭   1.22.40  卜部       中塚        羽原        出淵        黒田

                (22.45)  (15.49)   (11.36)   (12.44)   (19.49)

(10)高陽東   1.23.04  宮崎       大下        早川        久米        小桜

                (23.12)  (15.42)   (12.10)   (11.56)   (20.06)

 秒未満を切り上げているため、区間タイムの合計が合わない場合があります。


女子

(いずれも1時間台)(11)広島井口23分04秒(12)呉三津田23分46秒(13)基町24分26秒(14)如水館27分36秒(15)銀河学院27分47秒(16)五日市28分11秒(17)安古市29分05秒(18)県立広島29分42秒(19)祇園北29分42秒(20)総合技術30分40秒(21)福山誠之館31分28秒(22)広島観音32分20秒(23)暁の星女子32分28秒(24)広島市商33分09秒(25)賀茂33分45秒(26)海田34分01秒(27)可部35分34秒(28)高陽35分38秒

男子

(いずれも2時間台)(11)広島井口27分55秒(12)五日市28分50秒(13)総合技術29分55秒(14)広島工30分05秒(15)広大福山30分17秒(16)基町31分56秒(17)崇徳33分19秒(18)府中34分35秒(19)宮島工34分42秒(20)安古市35分07秒(21)広島市工36分32秒(22)安芸南36分43秒(23)高陽37分07秒(24)福山誠之館37分23秒(25)広島国泰寺37分45秒(26)高陽東39分12秒(27)祇園北39分17秒(28)賀茂40分18秒(29)呉三津田40分18秒(30)瀬戸内40分22秒(31)尾道42分08秒(32)呉港43分39秒(33)盈進43分44秒(34)海田44分31秒(35)広島学院44分37秒(36)日彰館44分52秒(37)広陵45分15秒(38)熊野46分12秒(39)広島翔洋46分56秒(40)呉宮原48分58秒

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです