特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

2020年大統領選 バイデン氏勝利宣言 分断修復へ険しい道 対中外交は硬軟両様(その1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
勝利宣言をして喜ぶ民主党のジョー・バイデン前副大統領=米東部デラウェア州ウィルミントンで7日、AP
勝利宣言をして喜ぶ民主党のジョー・バイデン前副大統領=米東部デラウェア州ウィルミントンで7日、AP

 米大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)は、ドナルド・トランプ大統領(74)の政権下で進んだ社会の分断と党派対立の修復が急務となる。だがトランプ氏が敗北を認めない現状では歩み寄りの気配はなく、政権の船出は厳しいものとなる。

 ◆民主・共和党

政策協力、機運乏しく

 「(共和党の)赤い州でも(民主党の)青い州でもない。合衆国の大統領になる。全国民の信頼を勝ち取るため魂を込めて働く」

 バイデン氏は7日の勝利演説でそう語った。新型コロナウイルス危機▽景気低迷▽人種間格差▽気候変動――という「四つの歴史的危機」(バイデン氏)と対峙(たいじ)するには左右の対立を乗り越えた協調が不可欠との呼びかけに対し、政権を手放すことになる共和党からも賛同の声が上がる。8日にバイデン氏に電話で祝意を伝えたブッシュ(子)元大統領は声明で「この国を導き一つにしてくれるだろう」と述べ協力を約束。同党重鎮…

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2399文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集