メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 バイデン氏勝利宣言 貿易摩擦、歯止めかかるか

今年1月に米中両国は貿易戦争収束に向けた「第1段階」の合意文書に署名したが、今後はバイデン政権に委ねられた=ロイター

米、ファーウェイ禁輸継続か/中、長期化覚悟し改善探る

 米大統領選で国際協調を重視する民主党のバイデン前副大統領が勝利を宣言し、トランプ政権下でエスカレートした米中貿易戦争は悪化に歯止めがかかる可能性が出てきた。ただ、ハイテク分野などでの摩擦は続きそうで、対立の行方はなお予断を許さない。

 「あなたのようなやり方ではなく、同盟国や友好国と連携して中国に国際ルールを順守させる」。バイデン氏は選挙戦終盤の討論会でトランプ大統領が仕掛けた米中貿易戦争を糾弾した。

 トランプ政権は、知的財産権侵害など中国の不公正な貿易慣行の是正を求め、2018年以降、対中制裁関税を次々と発動。中国側も報復関税で応酬し、約2年にわたる貿易戦争に発展した。その後、米側は追加関税の一部を緩和したが、年間輸入総額3700億ドル(約38兆円)相当の中国製品に対して最大25%の追加関税は維持されたままだ。

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです