特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

学術会議在り方、井上科技相会談 民間有識者と

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 井上信治科学技術担当相は9日、日本学術会議の在り方を巡り、政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の民間有識者と意見交換した。井上氏は終了後、記者団に「学術会議をより良くすべきだとの認識で一致した」と説明。会談では「(政府が予算や人を出さない)独立した組織でもいい」との意見も出たと紹介した。

 CSTIは科学技術政策の司令塔の立場で、学術会議の提言などの受け手側に当たる。会談にはNTTの篠原弘道会長、三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長、富士通の梶原ゆみ子理事が参加。井上氏は学術会議と連携し、期待される機能や役割を果たしているかを検証、年内に結論を出す。検証は任命拒否問題の「論点ずらし」との批判があるほか、学術会議側は「大臣との対話には会員の任命拒否問題の解決が重要」と訴えている…

この記事は有料記事です。

残り28文字(全文380文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集