プロ野球 巨人・坂本2000安打 お下がりグラブ、契機 左利きなのに右投右打

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
通算2000安打を達成し、贈られた花束を掲げる巨人の坂本=東京ドームで8日、宮間俊樹撮影
通算2000安打を達成し、贈られた花束を掲げる巨人の坂本=東京ドームで8日、宮間俊樹撮影

 プロ野球・巨人の坂本勇人選手が8日、右打者では最年少となる31歳10カ月で、史上53人目の通算2000安打を達成した。試合後の場内インタビューで坂本は「期待をひしひしと感じていた。達成できたのは皆さんの応援のおかげ」と感謝した。サインをする時にペンを持つのは左手。食事の際も左手を使う「左利き」の坂本が、希代の右打者として歩み始めた原点は少年時代にあった。

 兵庫県伊丹市の少年野球チーム、昆陽里(こやのさと)タイガースで坂本を指導した山崎三孝さん(75)は、出会いを鮮明に覚えている。坂本は小学校入学前から、先に同チームに所属していた兄にくっつき、練習に顔を出していた。左投げで、ブロック塀に壁当てする姿に「うまい子がいるな」と魅了された。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文867文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集