メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Photoリポート 伝わる、ぬくもり コロナ下の面会

8カ月ぶりの母・中島万里子さん(左)との面会で、防護服「メディコン」を着て抱き合う箕浦尚美さん=札幌市北区で2020年10月29日、貝塚太一撮影

 「お母さーん!」。母が入所する老人ホームの部屋に入ると、透明な風船のような膜で頭を覆う防護服を着た娘が肩を抱き寄せた。ほおずりはできなかったが、互いの体温を確かめるように手や顔をなで、8カ月ぶりの面会がかなった。

 札幌市北区の介護付き有料老人ホーム「フルールハピネスしのろ」では、新型コロナウイルス感染防止のため2月から入所者への面会を断ってきたが、10月から防護服の着用を条件に再開した。1日4組8人限定で、服の着脱時間を含めて1回30分。4月からはタブレット端末によるウェブ面会を続けてきたが、「実際に会いたい」という声は月日がたつにつれて大きくなってきていた。

 施設を運営する「萌(もえ)福祉サービス」の水戸康智代表(44)が「入所者の命を守りながら、ご家族の思いをかなえる手立てはないか」と考えていた時、この防護服をテレビで見て、すぐさま開発した会社にメールし導入を決めた。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです