特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

盲ろう者向け老人ホーム開設を 和歌山のNPOが寄付呼び掛け コロナで計画頓挫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成イメージ図を前に、触手話で盲ろう者と住宅型有料老人ホームの計画について話す瀬戸節子事務局長(左)=和歌山市美園町5のNPO法人和歌山盲ろう者友の会で2020年9月23日午前11時56分、木原真希撮影
完成イメージ図を前に、触手話で盲ろう者と住宅型有料老人ホームの計画について話す瀬戸節子事務局長(左)=和歌山市美園町5のNPO法人和歌山盲ろう者友の会で2020年9月23日午前11時56分、木原真希撮影

 目と耳の両方に障害のある「盲ろう者」を支援する和歌山市のNPO法人「和歌山盲ろう者友の会」が、市内で全国初の盲ろう者向け「住宅型有料老人ホーム」の開設を目指している。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で金融機関からの融資が中止に。募金活動も制限を余儀なくされ、建設計画は止まったままだ。同会は「一日でも早く盲ろう者が安心して暮らせる場所をつくりたい」と寄付を呼び掛けている。

 「コロナで困っているところへの融資が必要で、そちらには融資できない」。2020年9月、施設建設に前向きだった金融機関から電話でそう告げられた。他の金融機関からも良い返事が聞かれなくなった。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文981文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集