メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名鉄、名古屋駅前の大規模再開発の全面見直し発表 新型コロナで経営悪化

名鉄が公表していた南北400メートルの新ビルのイメージ図=名鉄提供

 名古屋鉄道は10日、名古屋駅周辺で進めてきた大規模再開発を全面見直しすると発表した。延長400メートルに及ぶ巨大ビルの2022年着工を断念、名鉄名古屋駅の4線化計画も含め、24年度をめどに改めて方向性を判断する。新型コロナウイルスの影響による需要の変化や経営悪化を受けた対応で、安藤隆司社長は同日の決算記者会見で「いったん立ち止まって考えたい」と述べた。

 名鉄が2017年3月に発表した計画では、名鉄百貨店本店本館から日本生命笹島ビルまで既存の六つのビルがある区域を一体開発し、南北400メートル、高さ160~180メートルで30階前後の駅ビルを近畿日本鉄道など計4社で新設する予定だった。安藤社長は、開発規模やビルの形状も含めて再検討するとし、事実上の白紙化に言及した。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです