特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

今冬の新型コロナどうなる? 流行拡大を左右する要因とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、飲食店への協力要請が出されたススキノ地区。週末ということもあり多くの人の往来があった=札幌市中央区で2020年11月7日午後5時58分、貝塚太一撮影
新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、飲食店への協力要請が出されたススキノ地区。週末ということもあり多くの人の往来があった=札幌市中央区で2020年11月7日午後5時58分、貝塚太一撮影

 新型コロナウイルスの感染が、国内外で再び拡大し始めている。特に欧州や北海道など、いち早く冬が訪れている地域で顕著だ。今冬、新型コロナはまたも猛威を振るうのか。

 「呼吸器感染症は寒い方が感染しやすい。冬を乗り越える時期が非常に重要だ」。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は9日、記者会見でこう述べ、冬の感染拡大に危機感を示した。この日、北海道で1日の感染者数が初めて200人に達し、累計で4000人を超えた。2000人から3000人になるまで35日かかったが、その後わずか10日でさらに1000人積み上げた。

 日本より一足早く冬を迎える欧州でも、感染拡大のペースが加速している。フランスでは、8日までの1週間で見ると、1日の新規感染者が平均約5万3000人で、3~4月の「第1波」の約10倍にまで急増。英国も10月下旬以降、連日約2万5000人で、第1波の約5倍に増えた。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1501文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集