特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラアスリート交差点

陸上・高桑早生「その先へ」 パラ普及の輪、消えないで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パラ陸上の日本選手権女子100メートル決勝(義足T64)を終え、笑顔を見せる高桑早生=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2020年9月6日、藤井達也撮影
パラ陸上の日本選手権女子100メートル決勝(義足T64)を終え、笑顔を見せる高桑早生=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2020年9月6日、藤井達也撮影

 7~8日にあったパラ陸上の関東選手権で、今季を終えました。出場した走り幅跳びと100メートルの記録は目標に及ばず、試合で成果を出せないシーズンとなってしまいました。

 今季は特に走り幅跳びが苦しかったです。私のクラス「義足T64」の日本記録は、中西麻耶選手(阪急交通社)が9月の日本選手権でマークした5メートル70で、私の自己ベストは5メートル27。自己ベスト更新を狙った関東大会は、5メートル05と不本意な結果に終わりました。

 この種目に関しては、夏から組み立て直しているところでした。東京パラリンピックの延期を受け、これまでに改善できていなかった空中姿勢と着地を磨いています。関東大会ではある程度の形になりそうな予感があっただけに、大会後の今、そううまくはいかないなと感じています。でも、こういった苦労をしなければ記録は伸びていかないのかな。これまで目をそらしてきたことに取り組めている実感はあります。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1373文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集