メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

シドニーの大晦日花火、コロナ感染予防で時間短縮・観覧人数制限

 豪シドニーで毎年大晦日に行うカウントダウン花火は、今年も実施される予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、花火を打ち上げる時間を数分間に短縮する写真はシドニーのハーバーブリッジ。9月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[PR]

 [シドニー 9日 ロイター] - 豪シドニーで毎年大晦日に行うカウントダウン花火は、今年も実施される予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、花火を打ち上げる時間を数分間に短縮する。また、現地で花火を観覧できるのは、レストラン、カフェ、ホテルに予約している人のみとする。

 例年争奪戦となる花火がよく見えるスポットは、新型コロナ感染症患者の治療にあたる医療従事者や、消防関係者のために確保されるという。

 オーストラリアではここ数週間、新型コロナの1日当たりの新規感染者数がわずか1桁台に抑制されているが、ベレジクリアン・ニューサウスウェールズ州首相は、例年であれば数千人が詰めかけるエリアについて、花火の観覧人数を制限する方針を強調した。

 州首相はシドニーで記者団に対して「大晦日のお祝いは、次の年に向けた希望と楽観の象徴だ」とした上で「レストランやカフェに予約していない限り、花火を見に行かないようにしてほしい」と釘を刺した。

 オーストラリアは、新型コロナの累計の感染者数が2万7600人強、死者の数は907人で、他の多くの先進国を大幅に下回っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです