メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

117歳、聖火つなぐ大役再び 世界最高齢、福岡の田中カ子さん内定

国内の歴代最長寿記録を更新し、贈られたラグビーボールを手に喜ぶ田中カ子さん=福岡市東区の高齢者施設で2020年9月25日、コカ・コーラ ボトラーズジャパン提供

田中カ子(かね)さん

 現在117歳でギネス・ワールド・レコーズ社から「存命中の世界最高齢」に認定されている福岡市東区の田中カ子(かね)さんが東京オリンピックの聖火ランナーに内定し、2021年5月の参加を目指している。五輪延期で中止になった今年の聖火リレーでもランナーの一人に名を連ねており、再び大役を託された。21年に五輪と聖火リレーが無事開催されれば田中さんは118歳129日で聖火をつなぐ予定。親族らはその日を心待ちにしている。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです