メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

関テレの“覚悟”が見たい

 10月24日に生放送された関西テレビ(大阪市)制作のローカル番組「胸いっぱいサミット!」の中で、タレントのデヴィ夫人が「不妊になる一番の理由は堕胎」「9割9分が堕胎」などと発言した。関テレはその当日と翌週の放送で謝罪。デヴィ夫人も自身のブログに謝罪文を掲載した。だが、偏見に満ちた発言が不妊に悩む人々やその家族を傷つけたことは間違いない。謝罪でその傷が癒えるとは到底思えない。

 一連の発言を知り、正直「またか」と思った。この番組は2019年にも「韓国って手首切るブスみたい」という出演者の発言を編集せずに放送。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は「放送倫理違反」と判断した。その際の意見書には、制作陣らが「視聴者から刺激的な表現で『ギリギリのラインを攻める』ことを期待されている」などと述べたことが記されている。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです