メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白」の一場面(WOWOWプライムで12月18日午後3時20分から再放送) (c) 2020 Showtime Networks Inc. All rights reserved.

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 大統領選挙を間近に控えた今年9月27日、あるテレビドラマがアメリカで話題となった。ドナルド・トランプ大統領によって任期途中で解任された元米連邦捜査局(FBI)長官、ジェームズ・コミーの暴露本を原作とする「ザ・コミー・ルール」である。日本でも大統領選挙直前の11月1日にWOWOWで放送された。

 本作前半のハイライトは、2016年の大統領選挙前に、民主党のヒラリー・クリントン候補が国務長官時代に公務で私的なメールアカウントを使用していたことをFBIが捜査・公表した顚末(てんまつ)だ。いったん情報漏えいの疑惑は晴れるものの、選挙直前に新たに大量のメールが発見されたため、コミーは再捜査を決断し、公表する。その一方で、ロシアがトランプ候補を勝たせるために情報操作を行ったという、いわゆるロシアゲ…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです