メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・母校をたずねる

栃木県立足利高・足利女子高/5 コーエーテクモホールディングス社長・襟川陽一さん /東京

襟川陽一さん=横浜市西区で2020年11月2日、大西岳彦撮影

歴史への興味、ゲーム開発に コーエーテクモホールディングス社長・襟川陽一さん=1968年度卒

 ゲームソフト会社のコーエーテクモホールディングス社長、襟川陽一さん(70)=1968年度卒=は「信長の野望」「三國志」など歴史シミュレーションゲームのヒット作を次々とリリースしてきました。30歳からプログラミングを独学で習得し、歴史小説へのあくなき興味をゲーム開発につなげたそうです。その背景には栃木県立足利高での学習が深く根ざしているようです。【近藤浩之】

 足高(あしたか)で記憶に残っているのは、まず、おおらかな先生に恵まれた勉強です。3年間担任だった数学の大阿久基次(おおあくもとじ)先生は、難しい問題でも、生徒がみんな寄ってくるような、面白く親しみやすい教え方をしました。人間味があって温かく、それで数学が大好きになったのです。

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです