メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・母校をたずねる

栃木県立足利高・足利女子高/5 コーエーテクモホールディングス社長・襟川陽一さん /東京

襟川陽一さん=横浜市西区で2020年11月2日、大西岳彦撮影

歴史への興味、ゲーム開発に コーエーテクモホールディングス社長・襟川陽一さん=1968年度卒

 ゲームソフト会社のコーエーテクモホールディングス社長、襟川陽一さん(70)=1968年度卒=は「信長の野望」「三國志」など歴史シミュレーションゲームのヒット作を次々とリリースしてきました。30歳からプログラミングを独学で習得し、歴史小説へのあくなき興味をゲーム開発につなげたそうです。その背景には栃木県立足利高での学習が深く根ざしているようです。【近藤浩之】

 足高(あしたか)で記憶に残っているのは、まず、おおらかな先生に恵まれた勉強です。3年間担任だった数学の大阿久基次(おおあくもとじ)先生は、難しい問題でも、生徒がみんな寄ってくるような、面白く親しみやすい教え方をしました。人間味があって温かく、それで数学が大好きになったのです。

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです