メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

高校駅伝、公道使わず 競技場など周回に 県予選監督会議 /岐阜

[PR]

 15日に開催される男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選会(県高体連、県教委、岐阜陸上競技協会主催、毎日新聞社後援)の監督会議が10日、岐阜市内で開かれた。出場予定の男子25校、女子15校の指導者が出席し、大会コースや新型コロナウイルス感染症対策などについて協議した。

 今年は感染拡大の影響で、公道を使わず、岐阜メモリアルセンター長良川競技場を発着し、同センター内の周回コースを走る。午前10時スタートの女子は5区21キロ、男子は午後0時半スタートで7区42キロのコースとなる。

 競技場内への入場は、感染予防に関わる一定の手続きをした役員や選手、補助員、保護者のみを認める。競技場外での応援は原則として認めない。

 優勝校は12月20日に京都市で開催される全国大会への出場権を得る。

 当初は岐阜県内で実施予定だった男子第69回、女子第31回東海高校駅伝競争大会は中止が決まっている。【花岡洋二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです