メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盲ろう者老人ホーム、ピンチ NPOが開設目指す 融資中止、寄付呼びかけ /和歌山

完成イメージ図を前に、触手話で盲ろう者と住宅型有料老人ホームの計画について話す瀬戸節子事務局長(左)=和歌山市美園町5のNPO法人和歌山盲ろう者友の会で2020年9月23日午前11時56分、木原真希撮影

 目と耳の両方に障害のある「盲ろう者」を支援する和歌山市のNPO法人「和歌山盲ろう者友の会」が、市内で全国初の盲ろう者向け「住宅型有料老人ホーム」の開設を目指している。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で金融機関からの融資が中止に。募金活動も制限を余儀なくされ、建設計画は止まったままだ。同会は「一日でも早く盲ろう者が安心して暮らせる場所をつくりたい」と寄付を呼び掛けている。【木原真希】

 「コロナで困っているところへの融資が必要で、そちらには融資できない」。2020年9月、施設建設に前向きだった金融機関から電話でそう告げられた。他の金融機関からも良い返事が聞かれなくなった。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです