メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

練習の成果、ビデオで見て 下関市内バレエ教室の公演 コロナ禍、ステージは中止 14日から順次上映 /山口

放映に向けてバレエを収録する「Ballet Schatz(バレエ シャッツ」の生徒たち

 下関市竹崎町の大型商業施設「シーモール」で、毎年披露される市内バレエ教室のステージ公演が新型コロナウイルスの感染予防のため中止となり、今年は各教室の踊りを収録したビデオが上映されることになった。14日からシーモール2階セントラルコートに設置した大型スクリーンで公開される予定で、担当者は「子供たちが1年間がんばった練習の成果をぜひ見てほしい」と話している。【反田昌平】

 「シーモールストリートバレエ」は、普段接する機会の少ないバレエに親しんでもらおうと企画され、今年で17年目を迎える。11月中旬から12月下旬までシーモールに展示される高さ約9メートルのクリスマスツリーの前で、市内六つのバレエ教室の生徒たちが、クリスマスイブの夜を舞台にしたチャイコフスキーの名曲「くるみ割り人形」の世界を土日祝日に披露してきた。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです