12製油所の耐震化補助金 最大の揺れに未対応 会計検査院調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 南海トラフ地震や首都直下地震に備え、国の補助を受けて耐震化を進めた関東以西の12製油所が、最大規模の揺れを想定せずに対策を実施していたことが、会計検査院の調査で判明した。検査院は所管する資源エネルギー庁に追加対策を検討するよう求めた。

 東日本大震災では製油所が被災し、ガソリンなどが不足する事態に陥った。これを踏まえ、国は製油所の入出荷設備の耐震化や液状化・津波対策などを決…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集