プロ野球 広島7-3ヤクルト ヤクルト・奥川、ほろ苦デビュー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-広島】三回表広島無死一塁、松山竜平に2点本塁打を打たれ、打球を見送る奥川恭伸=東京・神宮球場で2020年11月10日、梅村直承撮影
【ヤクルト-広島】三回表広島無死一塁、松山竜平に2点本塁打を打たれ、打球を見送る奥川恭伸=東京・神宮球場で2020年11月10日、梅村直承撮影

 広島は投打がかみ合い快勝。松山が一回に先制の2点適時二塁打、三回には2ランと計4打点で打線をけん引した。先発・床田は5勝目。ヤクルトはプロ初登板の新人、奥川が三回途中5失点で降板し、打線も反撃が遅かった。

三回途中5失点

 レギュラーシーズン最後の120試合目で1軍初登板となったヤクルトのドラフト1位新人、奥川を待っていたのは、厳しいプロの洗礼だった。

 一回、広島の1番・鈴木誠に直球を続けると、5球目の148キロを捉えられ、右中間二塁打とされた。一、三塁から松山に2点適時二塁打。甘い球を見逃してはくれない。三回には再び松山に2ランを浴び、無死一、三塁となったところで降板。三回途中、9安打5失点に「初めてのマウンドにも対応できなかったし、修正ができないままズルズルといってしまった」と吐露した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文761文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集