メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「同じ立場の人、勇気を」 名古屋の女性に国、一時金

一時金が認められ「ほっとした」という長嶋恵子さん(右)と夫啓一さん(いずれも仮名)=名古屋市中区で2020年11月10日、井口慎太郎撮影

 聴覚障害があり、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた名古屋市の長嶋恵子さん(70)=仮名=が、被害者救済法に基づく一時金の支給を国から認められた。同市内で10日記者会見し「国が本人の意に沿わない手術をしたと認めたことにほっとしたが、私の人生が戻るわけではない」と苦しい胸の内を手話で伝えた。

 「同じ立場の人に、勇気を持って申請してほしい」との願いから、同じ障害を持つ夫啓一さん(73)=同=と一緒に会見した。代理人の高森裕司弁護士によると、支給認定を受けた人が自ら会見などで意見を発信することは珍しいという。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです