新型コロナ 名古屋市集計ミス、54人増 7~8月感染者 ファクスもメールも「詰まり」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染者の集計ミスが発覚し、謝罪する名古屋市健康福祉局の職員=同市役所で2020年11月10日午前、岡正勝撮影
感染者の集計ミスが発覚し、謝罪する名古屋市健康福祉局の職員=同市役所で2020年11月10日午前、岡正勝撮影

 名古屋市は10日、新型コロナウイルス感染者の集計ミスがあり、58人が公表漏れの一方、4人が重複していたと発表した。7~8月の第2波で患者が急増し、市役所のファクスが詰まるなどして情報が届かなかったためという。この日、愛知県内では新たに129人の感染が確認され、市の集計ミス分の54人増を加えて累計7054人となった。

 市によると、ミスは7月24日~8月22日に発生。保健センターから市役所へ感染者の発生届をファクスで送る際、回線が混み合って正常に送受信できず、メールも受信ボックスが満杯ではじかれていた。また、市役所が一部の紙データをパソコンに入力せず、退院検査時に陽性だった人を新規感染扱いしていた。ただ、公表漏れの人も「自宅療養など適切な措置が取られていた」という。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文479文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集