新型コロナ 療養施設逼迫 北海道また3桁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道と札幌市などは10日、道内で新たに166人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したと発表した。道内の感染者は9日に過去最多の200人に達するなど6日連続で3桁になった。また、札幌市南区の特別養護老人ホーム「ドリームハウス」で入所者ら56人が感染するクラスター(感染者集団)が発生し、同市西区の北海道医療センターでも看護師ら13人が感染するクラスターが確認された。

 同市内のホテルに設けられた宿泊療養施設では軽症・無症状患者を受け入れているが、9日現在、全670室のうち513室が埋まり逼迫(ひっぱく)度が日増しに高まっている。受け入れ態勢の拡充が追いつかず9日は199人が入室できなかった。道は330室を増設する方針で数日以内の受け入れを目指し調整している。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文483文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集