ホンダ、世界初の自動運転レベル3「レジェンド」販売へ 一定条件で前方見ず走行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5段階に分かれている自動運転のレベル
5段階に分かれている自動運転のレベル

 ホンダは11日、高速道路など一定の条件の下、前方を見ずにハンドルから手を離したまま運転できる自動運転技術「レベル3」を搭載した高級セダン「レジェンド」を2021年3月までに発売すると発表した。レベル3の車が市販されれば世界で初めてとなる。

 新型レジェンドは、高精度地図や全球測位衛星システムを搭載して車の位置を正確に把握し、レーダーなどで周囲の車も確認。高速道路が渋滞するなど走行速度が時速30キロ未満になると、システムが車の自動制御を始め、50キロを超えるまで作動する。この間、運転者は前方から目を離すことができ、携帯電話の操作などが可能になる。販売価格は明らかにしていない。

 ホンダは改正道路交通法が4月に施行されたのを受け、レベル3車である新型レジェンドの販売に必要な型式指定の取得を申請。国土交通省が11日認可した。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文970文字)

あわせて読みたい

注目の特集