メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ、世界初の自動運転レベル3「レジェンド」販売へ 一定条件で前方見ず走行

5段階に分かれている自動運転のレベル

[PR]

 ホンダは11日、高速道路など一定の条件の下、前方を見ずにハンドルから手を離したまま運転できる自動運転技術「レベル3」を搭載した高級セダン「レジェンド」を2021年3月までに発売すると発表した。レベル3の車が市販されれば世界で初めてとなる。

 新型レジェンドは、高精度地図や全球測位衛星システムを搭載して車の位置を正確に把握し、レーダーなどで周囲の車も確認。高速道路が渋滞するなど走行速度が時速30キロ未満になると、システムが車の自動制御を始め、50キロを超えるまで作動する。この間、運転者は前方から目を離すことができ、携帯電話の操作などが可能になる。販売価格は明らかにしていない。

 ホンダは改正道路交通法が4月に施行されたのを受け、レベル3車である新型レジェンドの販売に必要な型式指定の取得を申請。国土交通省が11日認可した。

 自動運転のレベルは5段階に分類される。国内の他メーカーは前方を確認したうえで手放し運転ができる「レベル2」の車を既に販売している。日産自動車は昨年、高級セダン「スカイライン」(約557万円から)に初めて手放し運転機能を搭載。高速道路上でカーナビに従い、出口まで法定速度で走行する。SUBARU(スバル)は今年10月に発表したワゴン「レヴォーグ」(約348万円から)に運転支援技術「アイサイトX」を搭載し、渋滞した高速道路で時速50キロ以下の場合は手放し運転ができる。

 ただし、ホンダを含め各メーカーは自動運転の走行環境を、歩行者がおらず周辺の状況変化が予想しやすい高速道路に限定しており、実用性は高くない。また、レベル3車の市販は世界初だが、レベル2との技術的な差は小さいとされる。価格も割高なため、急速な普及は見込みにくい。

 自動運転を巡っては、自動車メーカー以外にも、米グーグルのグループ会社などが技術開発を進めており、一部の州ではタクシーなどに導入済みだ。将来は世界的に競争が加速し、一定の条件下ですべての運転操作が自動制御となる「レベル4」の実現が期待されている。

 EYストラテジー・アンド・コンサルティングの早瀬慶・自動車セクターリーダーは「運転手の負担軽減やドライバー不足の解消など、自動運転の効果が得られるのはレベル4から。各社の開発競争はレベル4以降が主戦場になるだろう」と指摘する。【松岡大地】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです