特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

ファクトチェック

「バイデン氏のペンシルベニア州当確取り下げ」は誤り 元NY市長ら拡散後、訂正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン前米副大統領(民主党)が当選を確実にした米大統領選に関し、「米国の主要政治サイト『リアル・クリア・ポリティクス(RCP)』が激戦州ペンシルベニアでバイデン氏の当選確実を取り下げた」との情報が日本語のまとめサイトに投稿され、ツイッターで拡散しているが、誤りだ。この情報はトランプ氏の側近の一人で弁護士であるジュリアーニ元ニューヨーク市長、政権の初代報道官スパイサー氏が先にツイートしたが、RCP創設者が「間違いだ」と否定。スパイサー氏は後に自らの発信を訂正している。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

「バイデン氏のペンシルベニア当確取り下げ」2700件以上リツイート

 「当確取り下げ」の誤情報は、まとめサイト「anonymous post」から10日午後4時過ぎにツイートされ、11日朝の段階で2700件以上リツイート(再投稿)され、5600以上の「いいね」がついている。

 この投稿に対しては「バイデン氏にお祝いを送った菅義偉総理大臣など自民党議員達(たち)は信用失墜したかもね」と真に受けたリプライ(返信)があったほか、同様の投稿が続いている。

 これに先行して、英語圏のツイッター上では米東部時間11月9日午後7時(日本時間10日午前9時)前ごろから同様の情報が流れ始めた。フォロワーが99万人以上いるジュリアーニ氏は、9日午後7時51分ごろにこの情報をツイートした。

 この投稿でジュリアーニ氏は「フェイク(偽の)メディアは(ペンシルベニア州の最大都市)フィラデルフィアで30万票以上のおかしい民主票を無効にする訴訟を報道しようとしない。リアル・クリア・ポリティクスはペンシルベニアをバイデン氏(勝利)から取り下げ、勝者未定にした。これは始まりに過ぎな…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1494文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集