特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

世界最悪、インドの大気汚染 秋・冬に悪化 コロナ感染加速や重症化の恐れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スモッグに覆われたインドの首都ニューデリー中心部=2020年11月4日、AP
スモッグに覆われたインドの首都ニューデリー中心部=2020年11月4日、AP

 インドの首都ニューデリーで毎年秋から冬にかけて悪化する大気汚染が、今年も深刻化している。野焼きや工場の排煙などが原因とされ、汚染の深刻さは世界最悪レベルだ。インドは新型コロナウイルスの感染者が米国に次いで世界で2番目に多く、とりわけニューデリーでは今月に入って感染者が急増している。専門家は「大気汚染で換気が不十分になり新型コロナの感染拡大がさらに加速したり、患者が重症化したりする恐れがある」と懸念を示す。

 インド当局の調査によると、ニューデリーでは屋外での活動を自粛するレベルの大気汚染が連日続く。今月14日にはヒンズー教の大祭「ディワリ」が予定されており、大量の爆竹が使われて汚染が進む恐れがあることから、デリー当局は爆竹の販売や使用を禁止した。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文608文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集