特養はなぜ川の近くに? 背景に危険エリアに建設せざるを得ない事情

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
周囲が浸水し孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」。左手前が入所者が避難したC棟=2019年10月13日、本社ヘリから
周囲が浸水し孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」。左手前が入所者が避難したC棟=2019年10月13日、本社ヘリから

 川の近くなど浸水の危険があるエリアに建つ高齢者施設が少なくない。毎日新聞の調査では、全国の特別養護老人ホームの3割が該当する。近年、台風や大雨の影響で浸水する施設が相次ぐが、そもそもなぜこうした危険なエリアに建っているのか――。その背景を探ると、立地場所が限られる事情が見えてきた。【山本佳孝、仲村隆】

オープン時はハザードマップなく

 埼玉県川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」は2019年、台風19号による大雨の影響で1階部分が水没した。約100人の入所者・利用者と職員24人が一時孤立し、消防のボートで救出された。死者は出なかった。

 施設は、堤防が決壊した越辺(おっぺ)川に近い。市のハザードマップの浸水想定区域にあり、これまでに何度も水害に遭っていたため、施設側は対策を講じていた。隣接する高台に2階建ての別棟を建て、年に数回の避難訓練も重ねていた。台風19号の接近時は停電の中で3時間かけて、寝たきりのお年寄りらをベッドごと別棟の2階へと避難させた。

 どうして施設は浸水想定区域に建っているのか。施設長の渡辺圭司さん(59)は「古い話なので詳しい経緯は分からない」としつつ、施設が開所した1991年にはハザードマップが作られていなかったと説明する。今回の浸水被害を受け…

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2492文字)

あわせて読みたい

注目の特集