メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祖母介護殺人 神戸市がヤングケアラー支援策検討のプロジェクトチーム発足へ

ヤングケアラーの支援に向け、プロジェクトチームを発足させると発表した神戸市の久元喜造市長=神戸市中央区で2020年11月11日午後3時29分、反橋希美撮影

[PR]

 神戸市の久元喜造市長は11日、通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」の支援策を検討するプロジェクトチームを発足させると発表した。年内に方向性を決め、2021年度予算に反映させる方針。

 プロジェクトチームは福祉局、健康局、企画調整局、市教育委員会の担当者らで構成。ヤングケアラーの支援に取り組む団体や専門家らの助言も求める。

 神戸市では19年10月、元幼稚園教諭の女性(22)が介護する祖母を殺害し、執行猶予判決を受けた。女性は要介護「4」の祖母の介護をほぼ1人で担い、担当するケアマネジャーと直接のやりとりが困難だったことなどを毎日新聞などが詳報していた。

 久元市長は「(ヤングケアラーの問題は)本人が状況を受け入れて、声を上げる発想がない場合がある。行政の問題把握の方法や相談対応のあり方を考える契機にしたい」と述べた。【反橋希美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです