メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん「光免疫療法」治療薬を保険適用 高額医療制度で自己負担数十万円に

製造販売承認を得た光免疫療法で使う薬剤=楽天メディカルジャパン提供

[PR]

 体の外からレーザー光を当ててがん細胞を死滅させる「光免疫療法」で使う薬剤と装置について、厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」は11日、公的医療保険の適用を決めた。1回の標準的な治療費は薬剤費、装置代、手術料を含めて約600万円だが、自己負担を軽減する高額療養費制度により患者の支払額は多くても数十万円になる見込みだ。

光免疫療法で光を当てる装置。深い場所のがんや大きながんには光ファイバーを通して光を当てる=楽天メディカルジャパン提供

 保険適用されたのは、光免疫療法で使用する薬剤「セツキシマブサロタロカンナトリウム」(商品名アキャルックス)とレーザー装置。いずれも楽天メディカルが開発した。薬剤はがん細胞にくっつき、レーザー光を当てると化学反応を起こしてがん細胞を死滅させる仕組みだ。

 対象疾患は、切除できない頭頸(とうけい)部がん。薬剤とレーザー装置の年間の市場規模はピーク時に53億円、使用する患者数は416人を想定している。【原田啓之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです