特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪市長が「8総合区案」を提案へ 都構想否決受け 設置時期は明言せず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影
松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影

 「大阪都構想」を巡る住民投票の否決を受け、大阪市の松井一郎市長(大阪維新の会代表)は11日、市を残したまま行政区の権限を強化する「総合区」の導入に向けた条例案を、2021年2月議会に提案する意向を明らかにした。維新は市の広域行政を府に一元化する条例案も2月議会に提出する方針。都構想に近い制度改革を立て続けに表明しており、新たな議論を呼びそうだ。

 総合区は行政区の権限と財源を強化する制度で、議会の議決で導入できる。都構想が5年前の住民投票で否決後、公明党の提案を受け、市が八つの総合区に再編する素案を作成。当時の市長は吉村洋文大阪府知事だった。公明がその後、都構想への賛成に転じたため取り下げた経緯がある。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文703文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集