メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング世界選手権、開催を断念 個人戦のW杯を代替開催へ 川井らも派遣中止

[PR]

 世界レスリング連合(UWW)は10日、12月12~20日にセルビアのベオグラードで予定していた世界選手権の開催を新型コロナウイルスの影響で断念すると発表した。参加国や選手の数が条件を満たさなかったため。個人戦のワールドカップ(W杯)として代替開催し、日程は数日中に決める。

 東京五輪の延期を受けて新たに実施が決まった今年の世界選手権には女子57キロ級で五輪代表の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)らが出場の意向を示していたが、日本協会は欧州での感染再拡大を懸念して10月末に派遣中止を決定。米国も出場を回避した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  3. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです