メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年 東大アメフト部

東大アメフト部、晩秋も続く新歓 未来に種をまく挑戦者たち

法政大戦に出場したOL竹田駆(中央、57番)=東京都調布市のアミノバイタルフィールドで2020年10月31日午後2時25分、黒川優撮影

 新型コロナウイルス対策で大学の多くはオンライン講義を続ける。影響を受けたのが学生スポーツの新入生歓迎活動(新歓)だ。東大アメリカンフットボール部も新入部員獲得に苦戦しており、秋深まる今も勧誘を続けている。「もっとチームを強くするために、後輩たちに一人でも多くの部員を残したい」。奔走するのは、リクルーティングリーダーの竹田駆(かける、22歳)=農学部4年=だ。

 11月1日、東大本郷キャンパス(東京都文京区)の御殿下(ごてんした)グラウンドに、Tシャツやジャージー姿の初々しい7人の1年生の姿があった。入部を検討中の1年生向けに上級生部員たちがアメフトの基本を教えたり、タックルのない初心者向けの「タッチフット」を共に楽しんだりする練習体験会が開かれていた。前日の法政大戦に出場し、疲れも残る中、竹田は統括役を務めていた。

 秋季リーグ戦も佳境に差し掛かるこの時期まで新歓が続くのは異例だ。例年なら春先に集中的に行うが…

この記事は有料記事です。

残り2516文字(全文2925文字)

黒川優

毎日新聞東京本社運動部。1990年、埼玉県生まれ。2014年入社。松山支局、神戸支局を経て19年5月から現職。サッカー、ラグビーなどを担当し、現在は主に大相撲を取材。本気で大銀杏を結おうとして、19年夏ごろから半年ほど髪を伸ばし続けていたが、思った以上に周囲からの評判が悪く、やむなく「断髪」した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです