「粘ることができた」 阪神・藤浪、ピンチを切り抜け5回無失点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
DeNA戦に先発した阪神・藤浪=甲子園
DeNA戦に先発した阪神・藤浪=甲子園

○阪神1―0DeNA●(11日・甲子園)

 今季最終戦で阪神の藤浪が先発の役割を果たした。再三ピンチを切り抜けて5回無失点。本人も「粘ることができたと思う」と振り返った。

 立ち上がりから得点圏に走者を背負った。一回1死一、二塁からは150キロ台の速球を主体にDeNAの細川、ソトを連続三振に仕留める。四回は三塁線を抜かれる二塁打を許した先頭の神里を、二塁へのけん制でアウトにした。

 最大のピンチは五回だった。連続長短打を浴びて無死一、三塁とされた。だが、投手の大貫のスリーバントを阻止。戸柱を外のフォークで空振り三振、最後は宮本から内角152キロ直球で見逃し三振を奪った。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文504文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集