サヨナラ縦じま 能見有終の初セーブ 「引退じゃない」ウイニングボールは勝利投手に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
九回に登板した阪神・能見=甲子園
九回に登板した阪神・能見=甲子園

○阪神1―0DeNA●(11日・甲子園)

 現役生活に終止符を打った前日の藤川に続き、縦じまのユニホームに別れを告げた。今季限りで退団する阪神の能見が最終戦で2季ぶりのセーブをマークした。九回の登板は元々決まっていたというが、「まさかセーブのつく場面で投げるとは。良い巡り合わせだった」と笑った。

 1点リードの九回だった。リリーフカーに乗って登場すると、大きな拍手が送られる。中継ぎに転向してから封印していた両手を高く上げ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集