メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

ステージ4から“完全寛解”へ 復活を遂げた笠井信輔さんが語る闘病の全て

「サワコの朝」に登場する笠井信輔さん(右)=MBS提供

[PR]

 11月14日の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、フリーアナウンサーの笠井信輔さん。

 昨年9月、32年間勤めたフジテレビを退社。「清水の舞台から飛び降りるような気持ちで辞めた」とサラリーマン生活に終止符を打ち、新たな道を進む決意をしたその理由をサワコに話してくれた。

 独立し、フリーアナウンサーとして新たなスタートを切るも、そのわずか2カ月後、笠井さんの体に血液のがん“悪性リンパ腫”が見つかった。思いもよらぬ診断結果に直面した笠井さんは「ちょっと待ってよ。やめてよ。これからって時にステージ4(一番上のランク)?」とその時の率直な胸の内を明かすと、「全身にがんがまわっていて…。さらに、他のところも浸食しているような(状態)。死ぬのかなと思いました」と、受け入れ難い現実に大きな衝撃を受けた日のことを振り返った。

 入院中は、闘病生活を写真や映像に克明に記録し、その様子をSNSで発信し続けた笠井さん。つらさを堪えてまで闘病生活を発信し続けた理由とは。最新のがん治療事情や支えてくれた家族への思い、そして「ベットの上で力が湧いた」という再会エピソードなど、ステージ4から“完全寛解”へ復活を遂げた笠井さんが、闘病の全てを語ってくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです