連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

内部でよみがえる言葉=酒井佐忠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
塚本邦雄さん=玉置勝巳写す
塚本邦雄さん=玉置勝巳写す

 塚本邦雄を語ることは、現代詩歌の過去と未来について考えることといってもいい。生誕100年の今年、さまざまな詩歌メディアが塚本をとりあげた。詩歌にとって「詠むことはもちろんだが、さらに読みが大切」とは、歌人の永田和宏が常々唱えていることだ。

 「現代短歌を読む会」が2年余にわたり展開した集中的な塚本研究をまとめた『塚本邦雄論集』(短歌研究社)が記念出版として刊行された。尾崎まゆみ、藤原龍一郎ら7人の歌人が、それぞれのテーマで塚本文学を概観する。塚本は、博覧強記の言葉の魔術師としてとらえられがちだが、「言葉の奥にあり時折きらりと光る心(愛)に惹(ひ)かれる」と尾崎は書く。また山下泉は「塚本邦雄のポエティク―リルケのことなど」と題し、詩的モチーフに注目する。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1180文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集