連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

白石加代子 作者の魂を大切に 怖い話「百物語シリーズ」アンコール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える女優の白石加代子さん=東京都新宿区で2020年10月12日、内藤絵美撮影
インタビューに答える女優の白石加代子さん=東京都新宿区で2020年10月12日、内藤絵美撮影

 怖い話を一人語りする「百物語シリーズ」。1992年6月に始め、2014年10月に99話をもって完結した。「早く逃れたいような気持ちでしたのに終わったら、ぶり返しがきました。懐かしくて懐かしくてね」と述懐する。

 各地をまわったので全国にファンができた。シリーズが終わると、再開を望む声が上がった。

 「あたたかく見守ってくださる方がどの地方にも500人内外はいらっしゃいました。舞台はもちろん、皆様にお会いするのもすごく楽しくて愛にあふれていました」

 自身もその感動を再び味わいたくなり、16年にアンコール上演に踏み切った。第3弾となる今回は、第一夜で語った「ちょうちんが割れた話」(夢枕獏作)▽「如菩薩団(にょぼさつだん)」(筒井康隆作)▽「簞笥(たんす)」(半村良作)に「おさる日記」(和田誠作)をくわえた4本立て。第一夜から担当していた鴨下信一の構成・演出だ。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1228文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集